« 区切り | トップページ | あがた森魚さんー。 »

2016年12月12日 (月)

今さら今さらですが博士の愛した数式。

超遅いですが。
ビデオで『博士の愛した数式』を鑑賞。
すみません、型落ちの流行で生きているような女なんです、ハイ。

80分で記憶が消える数学の博士(寺尾聰)と、はなれで暮らす義姉(浅丘ルリ子)。
「誰が来ても長く続かない」という家に家政婦としてやってきた深津絵里。

いい映画でした!安定感のある画に時折現れる義姉の影(笑)
数学を介する心のやりとりも美しい。

とても良かったんだけど、この映画に表現されていることだけでは「どんな家政婦も長く続かない」理由がないなあと思いました。『ビューティフルマインド』のナッシュみたいに、家中数式だらけとかFBI(CIAだったか?)に追われているとかいう妄想、狂気があれば家政婦も続かないだろうけれど…。寺尾聰は数式に想いを馳せているときだけ気難しい、というくらいで、変な性癖があるわけでもないし。これで家政婦がコロコロ変わるっていうのは今まで雇ったのがどれだけ堪え性が無いんだよ、と言いたくなる。(みんな辞めていってしまう)じゃなくて、ルリ子あんたが嫉妬して解雇してんじゃねーか、という。

あ、難点のほうが多くなっちゃった(笑)

クレジットに水戸一高同窓生って書いてあるから調べたら、監督が水戸一高卒なんですねー。

« 区切り | トップページ | あがた森魚さんー。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1685847/68809990

この記事へのトラックバック一覧です: 今さら今さらですが博士の愛した数式。:

« 区切り | トップページ | あがた森魚さんー。 »

フォト
無料ブログはココログ